FXのやり方

為替レート

為替レート

 

為替レートはFX取引する人には必ず覚えてもらいたい用語で意味は・・・

 

海外通貨と取引する時の価格のことです。

 

為替レートの価格は「買いたい人」「売りたい人」の価格交渉によって値段が決定します。

 

為替レートは世界情勢の動きなどによって価格が変動しますので、

 

パニック売りが起きたり、異状な買い注文が入ったりすると大きく値動きをしますが、

 

基本的に株のように一日で20パーセント下落などというのはほとんど起きません。

 

1日に1円動けば、為替レートにかなり変動のあった1日とされるでしょう。

 

為替レートは常に変動しているため、価格が常に同じ状態ということはまずありえません。

経済指標

為替レートに影響を与える大きな要因の1つ目として経済指標があります。

 

主に、GDP(国内総生産)、失業率、財政収支、経済収支、貿易収支、インフレ率などがあります。

 

 

通貨の価値高まる原因      

 

①GDPの伸び率が良い        

 

②失業率の低下                                

 

③財政収支の黒字                      

 

④経済収支の黒字          

 

⑤貿易収支の黒字          

 

 

通貨の価値が低くなる原因

 

①GDPの数値の悪化

 

②失業率の増加                    

 

③財政収支の赤字           

 

④経済収支の赤字 

 

⑤貿易収支の黒字

金利

2つ目の要因は金利です。

 

基本的に、金利の高い通貨は買われ、金利の低い通貨が売られる傾向が多いようですが、

 

近年では金利が高くても経済の情勢が不安定なため、売られる国も多いようです。

 

その結果どんどん金利が高くなっている国が多いのが現実です。

 

テクニカル分析

3つ目は要因は投資家のテクニカル分析です。

 

テクニカル分析とは過去の相場の動き分析し、これからどう相場が動くかを予想するものです。

 

FXは多くの人が通貨の価値が高くなると予想すれば上がり、価値が低くなると予想すると下がりますので、

 

大変重要な要因となります。

 

 

以上「為替レート」でした!

 

外国為替取引へ進む

 

為替相場が活発になる時間へ戻る

スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ