FX取引のルールを決める

FXトレードルール

なぜトレーダーはルールを作るのか?

 

プロのFXトレーダーで自分で売買にルール決めをする方は多いと思いますが、彼らはなぜトレードに決まり事を作るのでしょうか?

 

今日はトレードルールをテーマに紹介していきます。

 

FX取引は基本的な考えからすれば、投資家の予想で値動きが決まります。多くの投資家が「まだまだ上がる」と予想されれば、上昇しますし、「そろそろ下がる」と予想されれば、下落します。

 

つまり、大多数の投資家の予想が上昇・下落のどちらかを読み取ることができれば、利益を上がることができるのです。

 

しかし、投資家の予想を全て当てるのは難しいし、投資家1人ひとりの資金力にも差があります。

 

そこで大切になってくるのが、売買のルールです。これは「買い」、「売り」の条件は基準を決めることを指します。

 

具体的に通貨ペアの値動きや、一定の売買金額を設定しておき、これ以上レートが上昇すれば売り、下落すれば買いなど決めておくことです。

 

売買のルールを決める最大のメリットは自分の感情に流されることが無いということです。

 

一定の基準を決めてトレードしているため、「売りたい」、「買いたい」の欲求を抑えることができます。

 

また、チャートや値動きのチャックが簡素からされ、FXトレードの作業効率が上がります。さらに資金管理や損切りなども自分なりにルールを決めておくことによって素早い決断が可能になります。

 

決まり事を作れば、なぜ勝てたのか?負けたのか?が理解しやすく、次の成功の基になることもあるのもポイントの1つです。

スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ