為替レートの上昇を待つ

損切りしない選択

損切りしないFXスタイル

 

私自身損切りはFXで勝つために重要な作戦で、塩漬けは避けるべきという投資スタイルですが、中には「損切りしない」投資スタイルを推奨する人もいます。

 

一般的なFXの書籍などでは為替レートが下がり続ければ損切りをする決断をしなければいけないのようなニュアンスで損切りを推奨する筆者が多いですが、損切りしない戦法では「為替レートが下がれば、また上がるまで待てばいいじゃないか?」という回復待ち型のFXスタイルになります。

 

この考え方ではいずれ上昇すると予想して購入しているのだから、よほどの下落が無い限り決済する必要は無いというものです。デイトレスキャルピングなど超短期投資では活用すること出来ないが、数か月・数年単位の中期~長期投資のスタイルでは活用の仕方次第で魅力的な手法になることもあるでしょう。

 

確かに損切りをすれば「負けが確定」しますが、塩漬していれば勝つことも出来ないが「負けることも無い」です。損失が大きくなるリスクはありますが、勝ち続けるまでチャレンジすることができるメリットもあります。

 

差益が出るまで待つのですから、無敵と言えば無敵なのかもしれません。

 

ロストカット前には損切り

 

損切りしないという心構えもありですが、100%損切りはしないと決めるはさすがにリスクが大きいと思います。強制的にロストカットされては元も子もないので・・・

スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ