FXのやり方

FXの取引時間

FXの取引できる時間は?

 

株式市場(東証)は午前9時から11時半、午後12時半から15時までと取引する時間が限られていますが、

 

FXの場合は世界各国の時差によって市場が開きます。

 

例えば東京のその日の取引市場が終了しても、どこかの国の朝が来て市場が開くというものです。

 

このようにFX取引は世界各国に24時間続くリーレのバトンタッチのような仕組みになっています。

 

ということは為替なら、土、日を除く24時間世界のどこかで取引することができます。

 

つまり、サラーリマンでも仕事が終わった21時や22時でも取引できますし、

 

しかもその21時や22時という時間はちょうどニューヨーク市場が活発になっている時間帯なので、

 

非常に取引しやすい時間でもあるのです。

 

もちろん朝の通勤時間の7時からでも取引することが可能なのです。

 

このように仕事の時間帯や生活リズムに関係なく取引できるのがFXの特徴でもあります。

 

 

以上「FX取引時間」でした!

 

為替相場が活発になる時間へ進む

 

円高・円安の意味へ戻る

スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ