FXのやり方

マージンコールとロストカット

マージンコールとは

 

FXにはマージンコールとロストカットの制度が存在します。

 

マージンコールとは・・・

 

口座の残高があらかじめ決めておいた金額や割合より少なくなった時、

 

「追加での入金をしなさい」といった具合に入金を迫る制度です。

 

損失をできるだけ少なくして、限定しましょうというのがこの制度の特徴です。

 

マージンコールは証拠金使用比率や証券会社によってルールが異なりますので、確認が必要になります。

 

一昔前までマージンコールを主要のリスク回避としていた証券会社も近年ではほとんどこの制度はなくなりつつあります。

 

現在主要となっているのはこれから紹介するロストカット制度になります。

 

ロストカットとは

 

ロストカットとは・・・

 

口座の残高があらかじめ決めておいた割合より少なくなった時、ポジションが強制で決済される制度です。

 

現在FX業者の損失を抑える措置の主要制度になります。

 

そのためロストカットの制度はほとんどのFX業者で採用されています。

 

そもそも、ロストカットで強制決済されること自体問題のある投資をしていた証拠でもあります。

 

ロストカットに引っかからないように余裕資金で投資するべきなのです。

 

またロストカットもマージンコールと同様で取引業者によってルールが異なりますので、

 

必ず取引する前にしっかり確認をしておく必要があります。

 

以上「マージンコールとロストカット」でした!

 

円高・円安両方稼げるへ進む

 

スワップポイントの付き方へ戻る

スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ