FX負ける

損切り

損切りのできないFXトレーダー

損失確定

 

損失を覚悟で通貨を決済することを損切りと言います。

 

なぜFXや株式で損切りする必要があるのか?いつかまた為替レートが上昇するのを待てばいいじゃないか?などと思う人も多いようです。

 

しかし、一流のFXトレーダーが損切りするのはちゃんと理由があるのです。

 

まず為替レートは毎日のように上がったり・下がったりと変動するので、下がってもいつかはレートが上昇すると思っている人も多いようです。

 

確かに損切りしないで、最終的にレートが上昇して利益を出すこともあります。

 

しかし、大きなレバレッジを利用しているFX取引の時によくありがちなのが、FXで損失を出して、損するのが怖くなって決済できずに放置したところ資産が半分に減ってしまったなんてことはよくあることです。

 

早めに損切りする決断ができれば、損失を資産の1割程度に抑えられたかもしれません。しかし、損切りの覚悟が持てなかったために含み損を拡大させてしまう人が多いのです。

 

特にFX初心者は資金が減ることにすごい抵抗があります。またFXのベテランでも負けて脱落してしまう人の特徴は損切りできないまま含み損を増やしてしまう人です。

 

気が付いたら手遅れになるくらいの損失を出してしまって、売りたくても売れない状態が続くこともあります。

 

特にのFXのやり方を覚えたばかりの人が損切りできずに、莫大な損失を出して、FXトレードを辞めなくてはいけなくなってしまうのは悲しいことです。

 

初心者の間は経験値を積むことも大切ですので、○○円になったら損切りするなど自分なりのルールを決めておくことをおすすめします。

 

損切りはFXトレーダー生命を守るための作戦の1つと考えておいてください。

 

FXの稼げるノウハウを持っている人で100%勝つことは不可能です。

 

負ける時にいかに損失を少なくできるかがFXトレーダーとしての力量を試されるのです。

 

スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ