FX成行・指値注文

FXの注文方法

FX取引の注文種類

FXの注文種類は大きく成行注文、指値注文、逆指値注文の3つに分かれます。

 

FX初心者であれば、まずはこの3つの注文方法を覚えておきたいところです。

 

他にも上級注文もいくつかありますが、この3つで十分FX取引に対応することができます。

 

もちろん短期売買であるデイトレ・スキャルでも使うことのできる注文です。

 

成行注文

 

FX初心者の内は一番使いやすい簡単な注文方法だと思います。

 

成行注文を分かりやすく説明すると今の為替レートで決済する注文です。

 

自分で決済するタイミングを決めることができるメリットがありますが、為替レートは常に変動しているため狙った価格で決済できないケースも良くあるというデメリットもあります。

 

ただ自分の予想外の決済価格になってしまったとしても、全てが悪い意味では無く利益につながることもあります。

 

スキャルではわずかな為替レートの変動で大きな痛手になる可能性があるので、成行注文で悪い方に滑ってしまうと正直ダメージが大きいです。

 

FX業者の約定率などをチェックして成功率の高いFX口座を利用することをおすすめします。

 

指値注文

 

指値注文を簡単に説明すると、「100円まで上がったら売り」、「90円まで下がったら買い」など決済するレートを指定した注文です。

 

つまり上記の売りの場合ですと、100円まで為替レートが上昇しない限りは決済されることはありません。99円まで上昇して決済されることはありませんし、101円で決済されることもありません。

 

決められた価格で決済できるためスキャルピングでFX取引する人に人気の注文方法です。

 

逆指値注文

 

逆指値注文は皆さんの予想通り指値注文の逆で「90円まで下がったら売り」、「100円まで上がったら買い」など利益確定や損切りをしたい場合に出すことの多い注文です。

 

FX初心者には少し難しいと思いますので、成行注文や指値注文に慣れてから使うか、デモトレードで練習することをおすすめします。

スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ