FXのやり方

円高・円安の意味

円高・円安とは

円高とはドルに対して円の価値が高くなることです。

 

円安とはドルに対して円の価値が低くなることです。

 

 

円高の例

 

為替レートが1ドル=100円
      ↓
為替レートが1ドル=80円

 

例えば1ドル=100円出さないとパンが買えなかったところ、円高によって80円で買えるようになります。

 

円安の例

 

為替レートが1ドル=100円
      ↓
為替レートが1ドル=120円

 

例えば1ドル=100円でパンが買えたのに、円安によって120円出さないと買えないようになります。

円高・円安の経済効果

 

FXを始めるにあたって為替の変動による経済の影響は重要になってきます。

 

共に主に輸入・輸出に大きな影響を与えます。

 

 

輸入のケース

 

円高時に海外から輸入する場合、ドルに対して円の価値が高くなるので、

 

例えば海外旅行での支払いが、円安の時に比べて安くすませることができます。

 

輸入企業の業績が好調になることが予想されます。

 

円安時に海外から輸入する場合、日本では多くの製品を海外からの輸入に頼っていますので、

 

円安が進むと海外からの輸入製品の値段が高くなります。

 

肉や小麦なども多くは海外からの輸入しているもので、円安になると毎月にかかる食費も増えることが予想されます。

 

これにより、輸出企業の業績が不調になることが予想されます。

 

 

輸出のケース

 

円高時に日本製品を海外に輸出する場合、円に対してドルの価値が低くなるので、

 

当然得られる利益も減少します。輸出企業の業績が不調になることが予想されます。

 

円安時に日本製品を海外に輸出する場合、円に対してドルの価値が高くなるので、

 

当然得られる利益も増えます。輸出企業の業績が好調になることが予想されます。

日本は円安になると喜ぶ?

 

そもそも、円高がダメ、円安が良いなど言ったことを考えること自体おかしなことなのかもしれません。

 

なぜなら円高っていうと、私にとっては海外旅行に安く行けるし、

 

海外ブランドを格安で手に入れることができメリットばかりで正直言って円高の進行は嬉しいことでした。

 

しかし、日本の多くの経済評論化は円高を深刻な問題として取り上げていました。

 

その理由は輸入企業と輸出企業を経営している立場に立ったつもりで考えると分かりやすいと思います。

 

円高・円安それぞれメリット・デメリットがありますが、

 

会社全体として、輸入が多いのか輸出が多いのかによって受ける影響が異なります。

 

それを考えると、日本企業はトヨタ自動車などの輸出企業のほうが多いと言われてますので、

 

日本全体としては円安になったほうが望ましいとされています。

 

ただ、輸出や輸入をしていない企業やそれに関係ない公務員にとっては意外と円高であったほうメリットが多いということです。

円高メリットとデメリット

主な円高のメリットとデメリットを掲載しました。

 

FXにも関係性がありますので、是非チェックしておいてください。

 

メリット

 

①輸入企業の業績が好調になる

 

②ガソリンの値段が下がる傾向になることが多い

 

③海外からの輸入品の価格が安くなる(海外ブランド等)

 

④海外旅行に安い金額で行ける

 

デメリット

 

①輸出企業の業績が不調になる

 

②デフレになる傾向が多い

 

③日本全体の株価が下がる

円安メリットとデメリット

主な円安のメリットとデメリットを掲載しました。

 

FXにも関係性がありますので、是非チェックしておいてください。

 

 

メリット

 

①輸出企業の業績が好調になる

 

②日本全体の株価が上がる

 

デメリット

 

①輸入企業の業績が不調になる

 

②ガソリンの値段上がる傾向が多い

 

③海外からの輸入品が高くなる

 

 

円高・円安はFXを始める上で必ず知っておきたいワードの一つになりますので、しっかり頭に叩き込んでください。

 

また投資をする人以外の方でも円高・円安を知ることで、経済が少し見えてくるはずです。

 

以上「円高・円安の意味」でした。

 

FXの取引時間へ進む

 

円高・円安両方稼げるへ戻る

スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ