FXのやり方

社会情勢のリスク

カントリーリスク

カントリーリスクとは国の政治や経済情勢の変化や政策よるリスクのことです。

 

例えばテロやデモ、または関連国の経済指標の発表などにより、

 

国の情勢が不安定になると為替レートが大きく変動する恐れがあります。

 

金利の高い国の通貨でも、その国の社会情勢はどうなのか?安定している落ち着いている国なのか?

 

事前にチェックする必要があります。

 

特に発展途上国ではそういったリスクのある国が多いです。

 

スワップポイントを目当てに投資する人はしっかりカントリーリスクことは覚えておきましょう。

流動性リスク

流動性のリスクとは

 

最初に結論から言うと市場というものは混乱する危険性があり、そうなると決済できない可能性があります。

 

つまり通貨の取引が一時的にできなくなるということです。

 

ではどのようなケースで流動性のリスクが発生するかというと・・・

 

代表的なもので言うと、市場が祝日の場合やに誰にも予想できない大地震やテロがあった場合などです。

 

アメリカ・EU・日本など主要国でも確率は少ないが絶対流動性のリスクを受けないとは言い切れません。

 

対処法としては、できるだけ自分の知っている主要国の通貨に投資するようにして、

 

マイナーの通貨は避けることくらいしかありません。

 

FX初心者に注意が必要なリスク

 

FXの取引のやり方をマスターしていない初心者で最も注意が必要なのは注文の入力ミスです。

 

売買の金額の入力ミスなどは一度決済していまうと取り返しができませんので最前の注意が必要です。

 

もう一つは情報量の少なさがリスクになります。

 

FX初心者によくあるのはスワップポイント狙いで、

 

自分の理解していない国の通貨へ投資するケースが多いです。

 

FX始めたばかりの頃は自分の把握している国の通貨に投資し、

 

社会情勢などが頭に入っていない国には手を出さないほうが無難です。

 

 

以上「社会情勢リスク」でした!

 

FXに倒産とストップ安はあるか?へ進む

 

スワップポイントのリスクへ戻る

スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ