FXのやり方

外国為替取引

外国為替取引の意味

 

まず最初に必ず覚えていただきたいのは外国為替取引とは2つの国の間で通貨を交換する取引のことです。

 

例えば日本で作った国産の車をアメリカに輸出する際に代金としてドルを受け取り、それを金融機関で円に交換します。

 

逆にアメリカから製品等を輸入する場合は、ドルに円を交換して決済するという形になります。

 

普段何気なく過ごしているなかでも意外とほとんどの人が外国為替と密接な関わりがあるものです。

 

例えば海外旅行です。海外に旅行に行く前に必ず円を海外の通貨に換えてから旅行に行きますよね?これも為替取引の1つです。

 

多くの人は知らない間に、為替取引の経験しているのです。

 

1つ注意点があります。外国為替取引とFXは同じものだと勘違いしている人が多いのですが、これは間違いです。

 

FXの場合、取引したい金額の一部を証拠金として担保にすれば、何十倍かの金額で取引することが可能ですが、

 

外国為替取引ではFXのようにレバレッジをすることができませんので、大きなリターンを得るのは難しいと言えます。

 

しかし逆にいうと、大きなリスクを受けることも少ないということです。

 

安定重視の投資であればありかも!?

 

 

以上「外国為替取引」でした!

 

FXのやり方のトップページへ戻る

 

為替レートへ戻る

スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ