FXのやり方

FXのリスク

貯金リスク

 

FXに限らず投資には常にリスクはつきものです。まずはどのようなリスクがあるのかをしっかり理解することが大切です。

 

逆にリスクに気が付けば、損をしたくないでしょうから、軽減する努力をするんじゃないでしょうか?

 

その努力こそ自分を高めることにつながると私は思います。

 

近年終身雇用を会社に期待している社員はほとんどいないのではないでしょうか?

 

昔のように会社に尽くせば会社が一生面倒を見てくれる時代は終わりました。

 

毎日会社のために働いても、給料は上がらず、逆に下がったなんて人もいるでしょう。

 

中にはボーナスが完全に無くなったという会社さえあると思います。

 

そんな今の時代だからこそ、貯金についてちょっとだけ考えてもらおうと思います。

 

現在、日本は莫大の借金を抱えており、いつ日本国債が暴落するか誰にも予測できません。

 

もしそうなれば日本に高度経済成長以来のインフレが国民を襲うでしょう。

 

インフレの影響を簡単に説明すると100円で買えたジュースが200円出さないと買えなくなります。

 

つまり、お金の価値が半額になってしまうということです。

 

この場合、堅実に貯蓄に励んできた人はそれまで貯蓄してきたお金の価値をなくし、

 

目に見えない損失を出すことになります。

 

そもそも、預金をしてもその見返りの利息は微々たるもので数千円だと思います。

 

意味ないことしてると思いません?

 

引き出したいと思っても時間外で手数料がかかってしまうなんてケースもよくあると思います。

 

特に若い人の預金レベルでは一回の手数料を利息で取り戻すのに何年かかることやら・・・

 

気が付いていないだけで、一番安全だと思っている堅実な貯蓄でもリスクは十分にあるのです。

 

今こそFXやり方を身に着け投資にチャレンジしてみる時なのかもしれませんね。

 

 

以上「貯金リスク」でした。

 

為替差損へ進む

 

FXのやり方のトップページへ戻る

FXのリスク記事一覧

為替差損

為替差損の例$(米ドル)=100円(購入)    ↓$(米ドル)=99円(売却)100万円を担保に10倍の取引をしていた場合(つまり1千万円)この例題ですと1円下がれば10万円の損失になります。多くの人がリスク管理として心配しているのは「投資した金額以上に損失が出ることはあるか?」だと思います。つま...

≫続きを読む

 

スワップポイントのリスク

スワップポイントのリスク例題豪ドル→金利(年率)8%円→金利(年率)1%最初にスワップポイントのリスクとして金利を払わなければいけないケースもあるということを頭に入れておいてください。金利の低い通貨を売り金利の高い通貨を買うとその差率を金利として貰えるように、金利の高い通貨を売り金利の低い通貨を買う...

≫続きを読む

 

社会情勢のリスク

カントリーリスクとは国の政治や経済情勢の変化や政策よるリスクのことです。例えばテロやデモ、または関連国の経済指標の発表などにより、国の情勢が不安定になると為替レートが大きく変動する恐れがあります。金利の高い国の通貨でも、その国の社会情勢はどうなのか?安定している落ち着いている国なのか?事前にチェック...

≫続きを読む

 

FXに倒産とストップ安はあるか?

為替は通貨と通貨の取引ですから、株式投資ではありうる倒産というリスクは存在しません。株式投資の場合ですと、上場企業いえども、数会社は毎年倒産します。しかし、FXにはそもそも倒産というような概念はありません。また株式投資にはあるスットプ安やスットプ高がないため「売りたくても売れない」「買いたくても買え...

≫続きを読む

 

上昇と下落

為替レートの値動きFXの知識として、値動きは上昇の下落の2パターンです。すごく分かりやすくシンプルに上がるか下がるしかないのが特徴です。は?値動きが上昇・下落しかないのは当たり前だろ!知っているわ!と思う方もいますが、本質を理解していない方が意外と多いのです。チャートで見ると右肩上がりのラインを描く...

≫続きを読む

 

ポートフォリオ

ポートフォリオの活用術リスク分散・トレード収益の安定を目的にしたポートフォリオはFX投資家の中で人気の理論の1つです。そもそも、ポートフォリオとは何か?についてから解説していきたいと思います。ポートフォリオの大原則はリスクをできるだけ最小限にして、より多くの利益を得ようとする安定性を考慮した投資理論...

≫続きを読む

 

証拠金の資金

FXの初心者の証拠金目安とは?FXにはマージンコール・ロストカットのリスクがあるため、恐怖におびえてハラハラしたくないのであれば、FX業者の口座に余裕資金を投入することが基本となります。例えば主要国のメジャーと呼ばれる国の通貨でも相場が激しく変動する可能性がありますので、ロストカット(強制決済)の対...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク


<スポンサードリンク>

ホーム RSS購読 サイトマップ